huluで無料海外ドラマを観て字幕翻訳と英会話を勉強中の私オススメ作品を紹介!!

huluで観る無料海外ドラマ。ウォーキングデッド、メンタリスト、ヒーローズリボーン、プリズんブレイク、ブレイキングバッド、24、アンダーザドーム、フラッシュ、ハンニバル、ダウントンアビー英字字幕もあって英語の勉強にもなるんです。

huluでナイト・オブ・キリング 失われた記憶のシーズン1 エピソード1を見た感想と評価

全8話のクライムサスペンスです。1話が少し長いので今朝寝起きに見たのですが、テンポはそんなに早いってわけではないんですが、グイグイと引き込まれてしまいました。

 

まじめな大学生のナズが殺人事件に巻き込まれてしまうのですが、彼には被害者のアンドレアを殺した記憶が全くないんです。果たして真犯人は?もしかしたらナズなのか?

 

ナズを尋問しているNYPDのボックス刑事は見たところ公平な捜査をしてくれそうな感じがするんですけど、警察は縦社会だから、よくドラマの中で他の容疑者がいないのなら、一番疑わしい容疑者が犯人だとされてしまいますよね。その事件が世間の注目を集めれば集めるほど警察も誰かを犯人にしたがるものなのです。

 

主役のナズの犯人確定率は99%

今のところ凶器も隠し持っていたし、アンドレアの一緒にいたところも目撃されているナズは絶対絶命状態なんですよね。でも彼には救世主(?)が現れるのです。弁護士のジョンです。でも彼は軽犯罪のクライアントしか相手にしたことがないので救世主とは呼べないのかもしれませんが・・・

 

一筋縄ではいなかいとは思いますが、2転3転してもナズの無罪になるといいと思っています。見終わったあとにスカッとしないのって嫌いなエンディングなんですよね。やっぱり最後はあ~~~~~~~~~~~良かったで終わりたいんです。

 

それと、ナズ役のリズ・アーメッドって「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に元帝国軍パイロットのボーディー・ルック役で出演していたのを知っていますか?あの役良かったよね~これから期待の俳優さんみたいですね。

 

アッパー・ウエストサイドで起きた若い女性の殺人事件で起訴されたパキスタン系アメリカ人の若者を取り巻く、ニューヨークの刑事司法制度の闇に迫る8部構成のスリリングなミニ・ドラマシリーズ。窮地に立たされた被告側の弁護士にジョン・タートゥーロ、彼の若いクライアントにはリズ・アーメッドを迎え、物語は残忍な殺人事件から、それに続く捜査、そしてその第一容疑者を中心に進む。第一容疑者となったお人よしで素朴な大学生とその家族は、ニューヨークの犯罪、司法、刑罰、そして裁判制度の深い闇に放り込まれてしまう。一方、“トロール船”の異名を持つ彼の弁護士は、運よく人生最大の事件を担当することになったが、彼に批判的な刑事やライバル弁護士によって仕組まれた複雑な法的策略の罠へと導かれていく。

 *1

*1:フールーより